国立大学法人 奈良教育大学 大学院教育学研究科    
  組織的な大学院教育改革推進プログラム 「地域と伝統文化」教育プログラム  
 
 
トップページへ戻る >>
教育プログラムの概要
 現代の知識基盤社会を多様に支える教育者養成を使命とする本学教育学研究科において、奈良の伝統文化とその源流について、最新の教育内容学の成果に基づく教材開発、ひいては教授法・学習法の開発といった高度な力量を形成することを目的とするプログラムです。本学で学び教育者を目指す大学院生が、その専門分野のいかんに関わらず共通して、奈良の伝統文化とその源流について、学際的・教科横断的な認識・理解を身につけることとなります。
           
           
           
    共通コア科目「世界の中の奈良 -伝統と継承・発信-」 実践コア科目「伝統文化発信法」    
     知識基盤社会における教育の現代的・国際的な課題を解決してゆくには、自国の文化に対する知識と正しい認識とが必要不可欠です。本教育プログラムは、「世界の中の奈良 -伝統と継承・発信-」「伝統文化発信法」という授業科目をコアに据え、「伝統文化・文化財」、「異文化理解」の二本の柱から奈良の文化について学際的・教科横断的な認識・理解をもち、伝統文化を発信することができる教育者を育成しようとするものです。    
           
    学際的分野への対応能力と発信力の育成    
     本教育プログラムにおいては、特定分野における知識・技能だけではなく、関連する分野の基礎的素養の涵養を図り、フィールドでの学びを通して学際的分野への対応能力と社会に向けての発信力を育成します。    
           
   
教育プログラムの概要モデル図
   
           
           

 

           
    【共通コア科目】 【実践コア科目】 【深化科目】の新設    
   
共通コア科目:
プログラムの共通コア科目として、「世界の中の奈良 -伝統と継承・発信-」を新設します。
   
   
実践コア科目:
実践コア科目として「伝統文化発信法Ⅰ」、「伝統文化発信法Ⅱ」、「伝統文化発信法Ⅲ」を新設し、それぞれ理科、美術、国語教育専修専門科目として位置づけます。
   
   
深 化 科 目 :
以上のコア科目(4科目8単位)をプログラムのコアに据え、その他各専修において開設される深化科目を含め22単位を修得した者に、修了証書を交付します。
   
           
   
   
           
           

 

           
         
 
Copyright© 2007 Nara University of Educatin, All Rights Reserved.